お知らせ

  • 障害者手帳と障害年金について

    障害者手帳は、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の3種の手帳を総称した一般的な呼称です。それぞれに法律の根拠がありますが、年金法で定められた障害年金の障害認定基準はいずれの障害者手帳の基準とも異なります。 …

     本文はこちら
  • 発達障害・自閉症の方へ

    昨今、大人になってから社会生活をスムーズに送ることが出来ずに受診をしてはじめて発達障害・自閉症等の病名を知るケースが増えています。 発達障害は人とのコミュニケーションがうまくとれない、周りを見ながら動くことが苦手、また強 …

     本文はこちら
  • 初診日証明書類について

    日本年金機構より、初診時に医療機関の証明を得ることが難しい場合の対応方法についてまとめられたものが公表されています。 リーフレットはこちら

     本文はこちら
  • 病歴・就労状況申立書の作成について

    自分で必要な書類を調べたが、申立書の記入が良く分からずに不安に思われてご相談いただくケースがあります。 申立書には発症から現在までの状態を可能な限り詳細に記述する必要があります。年金機構の審査には医師の診断書が大きく影響 …

     本文はこちら
  • 受診先が複数あって初診日が特定出来ない方へ

    障害年金の申請では、申請内容に応じて初診日、障害認定日(原則初診日から1年6か月後)、現在と様々な時点でお身体の状態が記載された書類が求められます。受診をした病院に連絡を取り、必要な書類を準備していく必要があります。 2 …

     本文はこちら
  • 内科が初診と認められうつ病で受給できた事例

    40代男性。 約2年前から不眠に悩まされるようになり、意欲も低下、症状の悪化とともに就労不能となり、生活に困窮していらっしゃいました。ご家族が精神科の受診を勧めたものの、精神疾患と診断されるのが嫌で一度も受診していないと …

     本文はこちら
  • うつ病で障害厚生年金3級が認定された事例

    50代男性。 10年以上前に地方勤務していたときうつ病になり、以来、休職と復職を繰り返しているとのことでした。現在は休職中で退職勧奨を受けており、先々の生活に大きな不安を持っていらっしゃいました。 障害年金の請求には初診 …

     本文はこちら
  • 腎不全で障害基礎年金2級の認定を受けた事例

    20代の頃、高尿酸血症で受診。徐々に腎機能が悪化し、人工透析を開始したが、書類が揃わないことや手続が煩雑なことから、障害年金の申請を諦めていらっしゃったご相談者様。 初診が20年以上前のため、病院へカルテ保存の調査依頼を …

     本文はこちら
Page Top ↑