障害年金と老齢年金の関係

[記事公開日]2022/07/19
[最終更新日]2022/05/24

   障害年金をもらうと将来の老齢年金はどうなるのでしょうか

    
公的年金は「1人1年金」が原則のため、2つ以上の年金を受け取れるようになった時はいずれか一つを選択することになります。支給事由が同一の場合は併給が可能です。
(例えば老齢基礎年金+老齢厚生年金、障害基礎年金+障害厚生年金)

また65歳以降は障害基礎年金と老齢厚生年金については、併給が可能となっています。若い頃に短い期間でも厚生年金に加入されていた場合は65歳になると、その分の年金を受け取れることになります。

Page Top ↑